オーメータテクノ高性能風量測定器オーメータの製造・販売

風量測定・風量制御・粒度測定にお困りの方、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

お電話
080-5363-4864
所在地
〒610-0353
京都府京田辺市松井ケ丘3丁目5-6
オーメータ

高性能風量測定器オーメータ

オーメータの特長

オーメータはJIS Z8762 に基づいて設計されたコーナタップオリフィスによる風量測定器です。
粉体システムをはじめとする化学システムにオーメータを組み込むことにより、システムを流れる気体の流量(風量)を常に測定し、監視することができます。システムを適正な風量で運転することにより、生産性の向上、製品品質の安定が得られます。

  • あらゆる配管へ適用可能
  • それぞれのご使用条件に合わせて設計致します
  • 組み込みが簡単
  • 常時、安定した測定が可能
  • 偏流・旋回流に対しても安定した表示が可能
  • 圧力損失が低い
  • 条件によりアナログ・デジタル表示計が選択できる

ピトー管や熱線風速計で時々風量を測定しているだけではありませんか?

それらの方法は、風速を測定して平均風量を算出、そして配管の断面積を掛けて風量を求めます。その過程で、風速を測定することには大きな問題はありませんが、平均風量を正しく求めることに問題があり、ほとんど不可能と言っても過言ではないと思います。
その点オーメータは正に気体の流量(風量)を測ることが出来ますので優れていることは明白です。

システムへの組込みが非常に簡単です。

配管のフランジ間に挟み込んでいただくだけで、簡単にセットすることができます

オリフィスが組み込まれたオーメータユニットを御社の配管のフランジ間に挟み込んでいただくだけで、簡単にセットすることができます。

オーダーメードで設計・製作

風量測定器「オーメータ」は配管サイズ、フランジサイズ、圧力・温度などそれぞれの条件に合わせオーダーメードで設計・製作を行います。

各種の配管サイズに適応できます。

細い方は20Aから大きい方は制限なく製作が可能です。規定の鋼管はもちろん特殊サイズの管まで、その仕様に合わせて設計いたします。
Φ50未満についてはJISの規程の範囲ではないので実測して納品致します。

オーメータの仕様

仕様

材質オリフィス SUS304
フランジ 塩ビ樹脂(標準)
鉄製SUS304製も可能
適用配管SGP管、SS400管、SUS管、サニタリ管、その他あらゆる配管に適用可能
サイズは10A程度からφ600程度まで (小口径の場合は実測し納入します。)

オーメータユニットの構造

オーメータユニットの構造

JIS Z8762に基づいて設計されたコーナータップオリフィスです。

これを配管のフランジの間にセットするだけでシステムへの組込みは完了です。 正逆両方向オリフィスのため、いずれの流れに対しても方向を気にせず取り付けることができます。それぞれの設計条件(配管径、風量、温度、圧力)に合わせて設計いたします。

小径(10A)から大径(φ600)のどのようなサイズの配管に対しても設計が可能です。 粉体システムにおいて問題とならないよう、圧力損失をできるだけ抑えて設計いたします。(圧力損失は約200Pa程度です。)

表示計

オーメータはオーメータユニットと表示計で構成されております。
表示計はデジタルタイプ・アナログタイプの選択が可能です。それぞれ特長があり、ご使用に適したものをお選びください。

デジタル表示計の特長

デジタル表示計

見やすいレッド表示です。
開閉演算機能により、風量を直接表示することができます。上下限の設定などに使えるリレー接点 2出力付です。4-20mAアナログ出力がありますので風量の自動調整などにご使用いただくことができます。

デジタル表示計の仕様
製品長野計器 GC62 微差圧計
測定流体乾燥空気、窒素ガス、その他非腐食性気体
取り付けパネルマウント
圧力接続口G1/8
接ガス部材質シリコン、アルミニウム、シリコーン、ガラス、ABS
許容最大圧力50kPa
表示4桁 LED表示 文字高さ10mm
単位表示差圧 kPa
オーメータの場合開平演算表示機構を用い風量を直接表示することができます。設計結果に基づき係数を設定して納入します。
電源電圧12~24V DC、 15~24VDC
コンバータ出力リレー接点×2出力 上下限設定などに使用できます。
アナログ出力4~20mA DC、1~5V DC

アナログ表示計の特長

アナログ表示計

適切な風量が流れているかオペレータが容易に確認することができます。
電源が不要ですので現場に容易に取り付けることができます。
耐圧防爆地域でも使用可能です。
換算表、換算グラフにより風量を求めます。
(詳しくはカタログに掲載しております)

アナログ表示計の仕様
製品マグネヘリックゲージ 2000
測定流体空気、窒素ガス、他乾燥腐食性気体
取り付けパネルマウント・平面取付
圧力接続口G1/8
接ガス部材質アルミニウム、ポリカーボネート、アクリル
許容最大圧力-67.7kPa~0.1MPa
単位表示標準 0~2 kPa
アナログ表示計の場合は換算表あるいは換算グラフにより風量を求めます。

応用例・活用例

粉砕システムのトータル風量測定

粉砕システムのトータル風量測定

分級機内臓の粉砕機のシステムへオーメータを組み込んだ例です。
分級ロータの回転数は以前からデジタル回転計で常に監視しておられたのですが、オーメータにより風量も監視することにより、システムの運転状態が安定し、製品品質の安定を得ることができ喜ばれました。
また運転条件を変更するのも容易になり喜んでいただいております。

分級システム

分級システム

分級システムに採用された例です。
ピトー管方式の風量計が使用されていました。しかし表示計の針が揺れ、測定が難しかったためオーメータを採用していただきました。
オーメータに替えることにより精度よく測れるようになりました。
その結果、最適な分級条件を容易に維持することができるようになり、品質の安定、歩留まりの向上が得られ喜んでいただいております。